ETP協会 エネルギーQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ETP協会]
世界不況はいつまで続くでしょうか。
【Q】ETPのホームページがビジネス関係主体のようになりました。
又ETP寄せ歌留多で菅野原先生がビジネス関係の記事を書かれていますので、質問させてください。2009年03月30日

【A】たいへん難しい質問をありがとうございます。あくまで私の感じた事としてご理解ください。

> 1.この世界不況はいつまで続くでしょうか。

世界不況と言いますが、中国は成長しています。したがって、答え方が難しいのですが、世界不況を金融危機にからんだ先進国の不況と解釈すれば最低でも2−3年は続くと思います。ただし、日本のバブルがはじけた後のように一部の企業では、儲けがあり、他の企業では全く儲からないと言う状態になると見れます。
又不況を脱したといってもかつての日本のように実感がわかないと思います。

> 2.日本のGDPは先進国の中で一番の落ち込みで、金融危機のアメリカよりひどい状態ですが、大丈夫でしょうか。

確かに日本のGDPの落ちは各国の間で最大でした。しかし、大きく落ち込んだのは輸出関連事業です。内需は殆ど落ちていません。
この件に関しては、私はあまり悲観していません。おそらく09年からはある程度回復すると見ています。もちろん、09年はマイナス成長だと感じます。

> 3.株価の底はいつごろと見ておられますか いつごろ株を買えばよいでしょうか?

私は株をやらないので的確な回答はできませんが、正に株価はその企業に関係します。だから全体的な流れよりも個個の企業の情報をつかむ必要があります。株全体が底値を脱するのはもう少し先でしょう。

【追加Q】2009年04月02日
>  1.自動車関連の景気の回復はいつごろでしょうか
>    業績として注目すべき会社はどこでしょうか

【A】私は自動車関係全体の回復はかなりかかると感じます。
業績として注目すべきはハイブリッドを販売できるトヨタ、ホンダです.
別の意味で注目すべきはGM、クライスラーです。
   クライスラーはフィアット傘下に入らざるを得ない状態ですが、GMは?です
本来なら倒産してしかるべき企業です。
しかしオバマ政権の公約があり、現在では破産の確率は50%です。
政府の後押しで生き残る可能性が0ではありません。儲けるチャンスでもあるのですが、不透明です。

>【Q】2.電気業界の景気の回復はいつごろでしょうか
>業績として注目すべき会社はどこでしょうか

【A】薄型テレビなどは、世界的に見ればすでに回復基調にあります。
自動車と違って回復は速いと見ています。
業績として注目すべきは韓国のサムソン、LGです。
問題は日本の企業であり、韓国、台湾に確実に送れを取っています。
今年の薄型TVやPCの売れ筋は新興国向けが増加。先進国は停滞気味です。
シャープのシェアが又落ちる可能性が高いのではないでしょうか

>【Q】3.政府の景気対策は効果があるでしょうか

【A】政府の景気対策は官僚が作った対策です
公共投資を、土木建築主体の変り映えのしないものです。
ある程度の効果はありますが、多大の期待はできません。
ドルは世界の通貨としての地位を滑り落ちたといえます。
しかし、アメリカの犬である日本政府はドルを抱えたままです。
このあたりはかなり問題です。
ただし、証券会社はこのあたりをあまり問題にしていません。
ドルが本当に崩壊すれば世界が混乱するのでだれも対応できないからです。
このあたりは本当に混沌としています。



オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです