ETP協会 エネルギーQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ETP協会]
インストラクションとハンドパワー
【Q】まず前提として、私はETPのエネルギーをいただいてとても感謝しております。
エネルギーカムイをいただいた結果、ゴルフはハーフ30台を出すに至りました。
そこでなのですが、ナカマさんはいわゆるハンドパワーなどのようなエネルギーの使い方はされないとのお話をETPの先輩の方から聞きました。その知り合いの方も、そのようなエネルギーを使いこなすにいたっていないとのことでした。
ETPのインストラクションのインストールでは、自動的にそのような力はつかないということですか?パーフェクトハーモニーやイルミナートなどの団体では、インストラクションによって、受けた方全員に即、そのようなパワーを使えるようになるということなのですが。もし、ETPのエネルギーは独特であるというなら、たとえば、自己研鑽しなければそのようなエネルギーは使えないが、研鑽結果でものすごい力が得られるのか?あるいは、人によりやはり発現しない人もいるのか?

【A】○○○さんがいう「ハンドパワー」とは、真光やTDIが行う手当で人を治療することでしょうか。そうだとして、お答えします。

私もTDIのメンバーでしたので、所属していた当時はたくさん行いました。また、会員以外からも依頼を受けて実施し、人数は少ないですが受けられた全員から感謝されました。

>> ナカマさんはいわゆるハンドパワーなどのようなエネルギーの
>> 使い方はされないとのお話をETPの先輩の方から聞きました。

その先輩が私(ナカマ)を特定して仰ったのか、トリートメント・スタイルとしての「ハンドパワー」を特定した仰ったか分かりませんが、両面からお答えします。

●私がマンツーマン(ハンドパワー?)治療に従事しない理由について○○○さんは治療に関心があると推測します。
医者に見離された方をこのエネルギーで治してあげると、相手も大変喜ばれ私の喜びとしていました。しかし、TDI所属当時も現在もエネルギー以外の本業があり、治療家ではありません。従って、積極的に人の治療を請合うことはしません。
てんかい先生のように “瞬間” 治療はできませんし、私の場合は最低でも4〜5回は赴かねばならないので、相当な労力とねばりが必要です。また依頼をされるには信頼をされなければならないので、それなりの公言をしておかないといけません。
私は技術者タイプではありませんので、自分のもっている技には対してこだわらず、目的を効率よく達することに関心があります。

TDI所属当時から、マンツーマンの治療ではなく、最高位・能力者のエネルギーを、媒体を通じて必要な方に提供することに専念しています。

●「ハンドパワー」という治療スタイルについて。
要約した説明になりますが、ETPではその「ハンドパワー」スタイルはとりません。ETPでは技法『胸を開く』で第三者をトリートメントします。

電子出版≪ビリケンくんにきけ!『胸を開く』≫を参考にしてください。

>> ETPのインストラクションのインストールでは、自動的にそのような力
>> はつかないということですか?

〇 第三者を癒す能力はつきます。協会は、その方法として技法「胸を開く」を提案し指導していますが、手当方式で行っても出来ます。できれば、先ずは協会が提案する方法をマスターして後に、○○○さんが咀嚼した上でヤマシタ流に改善されてはどうでしょうか。
治療するに当たって手を患者の患部に手を当てることは決して悪いことではありません。

>> たとえば、自己研鑽しなければそのようなエネルギーは
>> 使えないが、研鑽結果でものすごい力が得られるのか?
〇 インストラクションは『膨大な意識』からの叡智が流入するパイプが調整されるから、目的を意識した段階から必要な叡智があなたに流入し、それが第三者にも伝わるでしょう。自己研鑽によってパイプがどんどん太くなりますので、インストラクションを受けたからといって自己研鑽を怠ったら勿体ないですね。

ご存知のようにインストラクションにはランク付けはありません。体験を積み上げていくことでETPディレクター諸氏のように、もしくはそれ以上の能力を得ることができます。

>> あるいは、人によりやはり発現しない人もいるのか?

〇 結論からいえば、誰にでも平等に能力が発現します。 "治療" に関心もなく実施もしなければ発現したのか発現しないかすら判明しませんが、能力を使えば発揮できます。


オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです