ETP協会 エネルギーQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ETP協会]
ネグレタfor真菌・細菌・ウイルスについて・・・
【Q】ネグレタfor真菌・細菌・ウイルスですが、
体に有益な細菌などには影響を及ぼさないのでしょうか。
未だに見つかっていない腸内細菌や現在は害を及ぼすと
考えられていたが実は必要なものだったetc・・・

【A】製薬の問題は、常在細菌のバランスが狂い、かえって不調を来して
しまうことでした。その問題点を、克服できればと思い、
ネグレタfor真菌・細菌・ウイルスが作成されたと思います。

実際、細菌には良い菌、悪い菌はありません。ある観点から見れば
そうなるだけです。ただ、そのバランスを整える環境が必要です。
製品は、細菌をやっつけるのではなくその体にとってふさわしい
細菌バランスに整え、尚かつ免疫力を高める様に設定しています。

結果から言えば、有益な細菌などに影響を与えているかもしれませんが
全体から見れば、ベストな状況になるように設定しています。
つまり、細菌によって何らかの症状が出ている場合は、環境が整えられる
ことによって、なにがしの良い方向へ向くようになると思います。

細菌による影響は、免疫力の低下によるものが多いです。
免疫力の低下は、不安、悩み、ストレス、怒り、等感情に由来することが
多いです。
又反対に、免疫力を高めるのは、笑うこと、上を向く
嘘でも笑う、気持ちいいことをする、また疲労をためない等々です。

「ネグレタfor真菌・細菌・ウイルス」共々、日常の生活習慣が関わっています。エネルギー製品を使用するのであれば
日常の習慣を見直すことも、必要だと考えます。


オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです