HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■3701 / 1階層)  葉酸
□投稿者/ 早川明夫 一般人(2回)-(2018/07/17(Tue) 17:31:23)
    No3700に返信(がってんさんの記事)

    >がってんさん、返事が遅れてすみません。葉酸を含めた栄養の問題は分かりにくいものがあります。さて、葉酸は非常に大切なビタミンです。妊娠中に不足すると無脳症や脊椎分離症など胎児奇形の発症率が上がるだけでなく、認知症や貧血、動脈硬化とも関連しています。食べ物から取れれば良いのですが。食品の葉酸はタンパク質にガッチリと結びついている上に、加工による損失があり、利用率は50%以下です。食物からはどれだけ摂っても良いと言うより、食べ物から十分な量は取れないというのが本音です。

    摂取の推奨を勧告した米国では一向に摂取量が上がらない現状から、1998年になってパンやシリアルなどの穀物製品に吸収の良い形の葉酸添加(サプリメントに使われている葉酸で、そのまま利用されます。利用率は85%ほどです)を義務づけました。欧米では1日の葉酸推奨量を400〜450μgとしていて、パン一枚に対して、推奨摂取量の1割という割合で添加されています。葉酸の上限摂取量は1000μgと考えられていますが、欧米で過剰症になったという実例はありません。実は埼玉県の坂戸市では女子栄養大学を中心に坂戸葉酸プロジェクトが行われていて、やはりパンやドレッシングなどの葉酸添加食品を開発して市民に普及させていて、現実に脳卒中、認知症、心筋梗塞、骨折などが減少し、医療・介護費の削減に成功しています。

    日本での葉酸不足を心配している専門家達は4月3日を葉酸の日として、葉酸摂取を呼びかけていますが、一向に浸透していません。それだけでなく、厚生労働省の1日葉酸推奨量240μgを欧米並みの400〜450μgに引き上げるよう訴えていますが、いまの所は無視されていますし、マスコミも、葉酸添加の利点より、現実に起こっていないリスク(過剰症)を恐れて、というより厚生労働省の行政やスポンサーに配慮して、サプリメントや葉酸添加を推奨するという方向に話を持って行かず、必ず摂取量を超えてはいけないというか、サプリメントに一切話を持って行かないという論調をとっています。欧米では葉酸だけでなく、既にビタミンDに関しても添加を進めていますし、海草を食べる習慣のない多くの国で食塩にはヨウ素が添加されています。

    残念なことですが、ビタミンDに関しても、相変わらず日光に当たれば十分なビタミンDが得られると日本のマスコミは伝えていますが、それは真実ではありません。真実は日光でビタミンDは得られるが、それでは全く足りないというのが真実で、また葉酸と同じように食品からは摂りにくいのです。

    がってんさんが、何かおかしいと思われたのは正解です。


[メール受信/OFF] 削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←葉酸 /がってん →Re[2]: 葉酸 /がってん
 
上記関連ツリー

Nomal 葉酸 / がってん (18/07/07(Sat) 16:44) #3700
Nomal 葉酸 / 早川明夫 (18/07/17(Tue) 17:31) #3701 ←Now
  └Nomal Re[2]: 葉酸 / がってん (18/07/17(Tue) 21:44) #3702 解決済み!

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -