HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

■4179 / 親階層)  死後に探す消えた厚生年金記録
□投稿者/ まほろば 一般人(1回)-(2017/08/31(Thu) 23:17:14)
http://////
    <遺族が思い出せない亡き夫の婚姻前の年金記録>

    年金受給者が亡くなると、まず最低1ヶ月分の「未支給年金」(年金は支給月の前月までの後払いのため)の請求をすることになります。
    年金事務所にて・・
    ●未亡人79歳B子さん:「夫が先日83歳で亡くなりました。年金をもらっていましがどうなりますか?」
    ●相談員:「・・ご主人様は厚生年金でしたね・・・(画面入力の音)・・・えー、そうですね、まずは1ヶ月分の年金がありまして・・・」
    ●B子さん:「ああ、そうですか」
    ●相談員:「これに御記入下さい。死亡日はいつでしょうか?今日死亡診断書や除籍謄本などはお持ちですか?」
    ●B子さん:「はいはい、これでしょうか・・」
    ●相談員:「しばらくお待ち下さい、印鑑もございますね・・・ご主人様は25年以上加入されていますので遺族年金ももらえますよ。ではこの書類に御記入下さい。(B子さんが名前など書類記載中も、盛んにコンピュータ画面で検索)
    ●相談員:「奥様!ご主人様と同姓同名の方で、生年月日も同じで、ご主人が年金もらわれる当時見つからなかった別会社の記録と思われるようなのが出てきましたが・・・!」
    ●B子さん:「どういうことでしょうか????」

    年金受給者が亡くなり諸手続に年金事務所のブースに入ると、同姓同名、同生年月日および一日違い生年月日を徹底的に検索し、未支給年金や遺族年金を請求に来た遺族にその情報の一部のみ提供し答えを問う・・私が良く言う、”認知症テストもどき”である。

    ●相談員:「ご主人様は昭和25年頃どこにお勤めでしたか?どこに住んでおられましたか?」
    ●B子さん:「そんなこと!私と一緒になる前の話で・・・○×社しか知りません。北海道にも居たそうです。」
    ●相談員:「○×社はすでに亡きご主人が貰われてた記録に入っています。その前ですが・・・」
    ●B子さん:「あらまあ、それ以外は全然わかりません、主人も無口でしたから・・」
    ●相談員:「・・そうですか。何も思い当たりませんか?」
    ●B子さん:「そんなこと急に言われても検討もつきません・・何て会社名でか?」
    ●相談員:「ごめんなさい。それは言えません。F県F市の会社とだけしか言えません。」
    ●B子さん:「なにをやっていた会社ですか?」
    ●相談員:「それも言えません。」
    ●B子さん:「それじゃ、全く検討つきません!あ、そういえば主人が生前、家でギターを弾いている時、”どこで習ったの”と私が尋ねた時、”昔F市で仕事の帰りにな。”と答えたいました。それかしら・・」
    ●相談員:「・・それでは受付(本人の消えた記録と認定)出来ません。会社名の頭だけでも思い出していただかないと・・」
    ●B子さん:「まあ、どうしよう困ったわ・・・」
    ●相談員:「とりあえず今日のところは判明している(亡夫が貰っていた期間分の年金)で遺族年金と未支給年金の受付をしておきますね。思い出したらまた来てください。その時は記録を訂正いたしますので。申し訳ありません。」
    ●B子さん:「・・・わかりました。」

    途方に暮れたB子さんは、その後、まほろばがメンバーの無料相談会の門をたたくことになるのである。


    続く・・・・
削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
親記事 →ETPの年金相談㉚ /まほろば
 
上記関連ツリー

Nomal 死後に探す消えた厚生年金記録 / まほろば (17/08/31(Thu) 23:17) #4179 ←Now
Nomal ETPの年金相談㉚ / まほろば (17/09/30(Sat) 13:03) #4182

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -