HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal ダイアログ再開 /仲眞良孝 (18/07/18(Wed) 10:36) #4220
Nomal ダイアログ再開 状況説明 (2) /仲眞良孝 (18/07/24(Tue) 11:53) #4221
  └Nomal ダイアログ再開 状況説明 (3) /仲眞良孝 (18/07/29(Sun) 18:44) #4223
    └Nomal ダイアログ再開 状況説明 (4) /仲眞良孝 (18/08/04(Sat) 11:55) #4224


親記事 / ▼[ 4221 ]
■4220 / 親階層)  ダイアログ再開
□投稿者/ 仲眞良孝 一般人(5回)-(2018/07/18(Wed) 10:36:59)
http://///////////
    2018/07/18(Wed) 13:57:58 編集(管理者)




    ■ダイアログ再開


    ピンポンピンポン〜〜・・・・ピンポン〜〜・・・・・・・
    諸々の事情で、このダイアログを休憩していましたが、折々時間を見つけてアップしていきたいと思います。

    名 嘉 『誰だろうかな?  こんな時間に・・・・・・・?』

    ピンポンピンポン〜〜・・・・ピンポン〜〜・・・・・・・

    名 嘉 『分かったチョット待ってよ    (眠たかったので、内心は少しイラッとしながら・・・・・・)
    ハイハイ、 オーツ !!  浦部かいな?  何やろう !!』

    浦 部       「オーッ 名嘉か?   どないしとるんや?」

    名 嘉 『一応は元気だけど、色々あって家に釘づけになっているので、ちょっと困っているのや !! 』

    浦 部       「お袋さんと奥さんの介護だろう・・・・・・それは皆(同期の者)は知っているよ、大変だけど頑張れよ。  それでな、今度の金曜日にみんなで集まって一杯やろうかとなって、皆に名嘉が必ず来るよう誘うように頼まれたので、電話をさせて貰っているのや !!  どないや ? 」

    名 嘉 『それはそれはオオキに・・・・・ 最近、俺の欠席が続いて申しわけなかった !!  結論から言うわ !!  俺は参加したいが、予定が立たない。 誰が幹事か知らんが、時間がとれたら飛び入りの参加ということにしてくれないか?  スケジュール表をみていたら、なかなか介護から抜けられないのだ。  

    浦 部       「名嘉 !!  解った !!  みんな名嘉の元気な顔を見たり、お前の自慢話を楽しみにしているからな !! こういう場合は俺は名嘉と ≪胸をつなげ≫ ば良いのかな?」

    名 嘉 『(・・・・・エッ ! ? なんで浦野が ≪胸をつなぐ)っていうのだろうか? 俺が教えたのだろうか?) と不思議に思いながら、『そうだなー、お前とつながれば、同期の者ともつながるので、俺もみんなの輪に入り易いだろうな !! 』と答えた。』

    浦 部       「上手いこと行かなかったら、名嘉は責任とってもらわないかんなー。」

    名 嘉 『絶対うまいこと行くのだが、浦野は何故 “胸をつなぐ” というETP秘伝のフレーズを知っているの?

    浦 部       「内の社員で、ETPの会員が居てね、マツシンを話題にしていて社長は名嘉と言って俺の同期だと言ったら、ETPの代表と同じせいだということになって、その社員経由でETPの情報が入るのだ。  もっともETPのことは俺には理解できないが・・・・・・」

    名 嘉 『興味がなかったら、なかなか理解しづらいだろうな。  浦野が興味持てば直ぐ理解できるよ。 俺は興味をもっていない者には何も説明はしないのや。

    浦 部       「名嘉には言っていないが、俺は興味があるのだけど、途中で ≪ホンマかいな?≫ とバカバカしく思えて来て・・・・・・
    直ぐに振り出しに戻ってしまうのや。」

    名 嘉 『浦野が考えているETPと俺やETP 会員が思っているETP とは同じETPとは限らない。 例えば浦野が、ETPは “他力” 本願の宗教と思っていて、我々は “自力” 本願のエネルギーのことをイメージして、話が噛み合わないかも知れない。』
    (・・・・・一般的な他力や自力の意味合いで使った言葉ですが、宗教的には色々な解釈があり、適切な例えだったとは言えません。 只、その時、話の流れで、このフレーズを使いました。)

    浦 部       「他力か自力かは知らないが、名嘉が色々と苦労しているかも知れないと聞いたし、同期の連中も心配していた。 出てきて皆に元気な顔を見せてやれや !! 」

    名 嘉 『そうやったのか? アンタの社員にETPの会員がいたのか?  プライバシーの問題もあるので、その会員が誰かは聞かんけれどどんな感じの人だろうかな?』

    浦 部       「まぁー、普通の方で、ちょっとオッチョコチョイかなー?、  結構ミスもするのやけど、運が良いのか、そのミスのお陰で状況が好転したり、何か三国志的な言葉 ≪塞翁が馬・・・・?≫ とか言っていたが、ミスのお陰で怒られた反動というのか、先方の担当者に可愛がられて、ミスをしてそれでより親しくなる悪運の強い営業マンという感じかな?」

    名 嘉 『要は前向きな人ということやな?  内の会員に多いタイプだ。 こういう社員が増えると、会社も伸びるのや !! その社員を大事にしたってや !! 』

    浦 部       「所で、名嘉のお袋さんは今、何歳?」

    名 嘉 『93歳や !! 』

    浦 部       「そうか?  そうだろうな !!   その年になれば、名嘉のエネルギーも効かないかも知れないな・・・・・」

    名 嘉 『母を引き取った時、俺もそう思った !!  高齢の母親がケロッと瞬時に治れば良いが、そうもイカンだろうと・・・
    だから良くなってもらうよりは、痛いのとかツライとか言わない様なエネルギーをふんだんに与えようと思っていた。』
    ( ・・・・・・・名嘉は、エネルギー封入者の菅野原ディレクターに、母親用のエネルギーを依頼したことを思い起こしていた。 痛み止めにオキシトール、不眠に【安眠】、 医者にも説明しようのない不定愁訴に【やすらぎ】)


                     つづく・・・・・
                          みんなの仲眞



[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 4220 ] / ▼[ 4223 ]
■4221 / 1階層)  ダイアログ再開 状況説明 (2)
□投稿者/ 仲眞良孝 一般人(6回)-(2018/07/24(Tue) 11:53:51)
http://///////////
    2018/07/24(Tue) 12:05:58 編集(管理者)





    名 嘉 『93歳や !! 』

    浦 部       「そうか?  そうだろうな !!   その年になれば、名嘉のエネルギーも効かないかも知れないな・・・・・」

    名 嘉  『母を引き取った時、俺もそう思った !!  高齢の母親がケロッと瞬時に治れば良いが、そうもイカンだろうと・・・だから良くなってもらうよりは、痛いのとかツライとか言わない様なエネルギーをふんだんに与えようと思っていた。』
    ( ・・・・・・・名嘉は、エネルギー封入者の菅野原ディレクターに、母親用のエネルギーを依頼したことを思い起こしていた。 痛み止めに【オキシトール】、不眠に【安眠】、 医者にも説明しようのない不定愁訴に【やすらぎ】)

    ●オキシトシンを初めて試したときの状況。

    名 嘉 『母が別のところで一人で住んでいたところの病院と今世話になっている病院の先生と考えが違って、現在は “薬は出来るだけ減らしましょう” と言う方針だった。 薬漬けにするのも如何なものかと思うが、痛みを感じても老人に “痛み止めは腎臓に負担を掛けるから我慢をしましょう” と言うのも如何なものかと思った。
    しかし、母に夜中にたたき起こされ “ 腕が” 、 “腰が” 、 “何処どこが痛い !! 何とかしてくれ” と言われても、介護人としてはツライ。   “困ったときのETP” ですから、菅野原ディレクターに創案して頂いたエネルギー【オキシトシン】を試しました。 媒体はマカでも良いのですが、適量一回3錠のプラセンタ配合プラセンMax にしました。 エネルギー【安眠】も服用させましたので、エネルギーが効いたのかただ疲れたのかは分かりませんが、寝てくれましたのでとりあえずはその日は解決しました。』

    浦 部       「オキシトシン か?」

    名 嘉  『浦部よ !!   ETPの誇大広告と思うかも知れないが、ETPエネルギーは結構効くんだ。 封入者菅野原ディレクターのエネルギー設定が上手いのだ !!   病状の本質を分析するのが上手だのだ !! 母が言うには、良く効く薬だ、と 。』
    (会員の皆様はご存じだろうと思いますがプラセンMax は “薬” では無く “健康食品” です。 只、エネルギーやETP協会の説明が困難だから、分かり易く説明をしました)。

    浦 部       「お袋さんはお前に気を使ってそういってくれているだけと違うか?」

    名 嘉  『そうではない !!  逆や !!  俺がどうのこうのと言えば、ガッカリしてただありがとうと言って期待はしないだろうな。  薬剤師の友達が勧めてくれたんだ。 ネットで申し込んだら宅配してくれるのだ、と言ったら喜んでいたよ』 

    浦 部       「薬は減らし、痛みが和らげば大したもんだ。 痛いの痛いの飛んで行け !! ではないが、エネルギーであろうが、おまじないだろうが、プラシーボ効果だろうが、痛みが取ればエンや !!  」

    名 嘉  『勿論いろいろな原因があろうが、エネルギーの効果も含まれていると思うよ。    現に、一人の住んでいたときは “要介護2” であったが、約2年間、私の介護(食事とエネ製品)を受けて、 “要介護1” になのだ。』

    浦 部       「 “2” が “1” になったということは、健康状態が良くなったということか? 」

    名 嘉  『そうだな・・・  喜ばしいことだが、介護費用の援助に関係しないかを心配したのだが現時点では問題が無いようだが、援助云々よりも生きている限りは健康でいて欲しい・・・・・・・すべてに特にエネルギーに感謝しているよ !! 』

    浦 部       「それは良かった !! 」

    名 嘉  『ただ正直に言えば、介護そのものは負担ではないが、お袋の介護に家内の介護がダブって、それに私自身の介護が上乗せされ、更にプロの介護であれば勤務終了して帰宅して休息すれば良いのだが、私の家内が要介護3を申請している最中だから、俗にいう家事が残っていて、これが大変や !! 』

    浦 部       「名嘉は ≪自分の介護≫ と言っていたが、お前がどうしたのだ? 」

    名 嘉  『経緯はあるのだが、結果から先に言えば過敏性腸炎症候群というやつにかかって、これでエライ目に合ったのだ。』

    浦 部       「是こそ≪困ったときのETP≫で、何とでもなるだろう。」

    名 嘉  『俺もそう思ったが、今回はそうはいかなかった。 キリストの “受難” みたいにみんなの難儀を俺一人で背負ったのかと思ったよ。 便秘と下痢が同時(実際は同時ではなく、交互だったが・・・・)来るので苦痛でもあったが、便秘は便秘で大変な不快感で、下痢は失敗したら大変な大恥をかくので大変不安であった。 
    ETPでは病気は医師に治療してもらいなさいと言うスタンスだが、結構、医師には治せない場合も多い。 薬が効かないというよりは、患者の症状をちゃんと診察せずに病気を決めて処方してしまうからな !!   エネルギーは薬では無いのでエネルギーで病が治るというのではなく、私達が自然にもっている治癒力を誘導すればケロッと自然に治る場合が多い。 』

    浦 部       「で? 名嘉は医者に頼ったのか?  それとも、自分とこのエネルギーに頼ったのか?」

    名 嘉  『俺は、病気治療は医師に頼ったが、当然、治ればそれだけのことだったのだが、治らなないのだ。  クリニックを三、四か所も替えたが、どの医者も治せなかった。  そこで、菅野原ディレクターにヘルプしてもらった。
    個々が私の失敗だったのだが、≪俺は下痢だから治してクださい・・・・俺は便秘だから治してください・・・・≫ とコロコロと自分の症状を替えてアピールしたので・・・・・・・薬もエネルギーも、ブレーキとアクセルを同時に踏んだような感じだった。   』

    浦 部       「名嘉よ !! よう分からんな。 名嘉は便秘だったのか、それとも下痢だったのか?」

    名 嘉  『浦部が今聞いたように ≪便秘なのか? それとも下痢なのか?≫ では、患者である俺は二者択一で答えてしまう。 さすが菅野原ディレクターは首を傾げて ≪症状を特定せずに名嘉さんに必要なエネルギー≫ というスタンスでトリートメントしてもらって、小康状態を保っていたがスッキリ感はなかった。』

    浦 部       「スッキリ感が無いということは、エネルギーが効いているような、効いていないような感じだったのか?」

    名 嘉  『エネルギーだけではなく、対便秘薬と同時に対下痢薬の併せて服用するから、お腹がゴチャゴチャになっていたのだろうなー。  それで、ETPの奥の手を想いだした。 エネルギー【アラジン】 !! これは優れものだ !! 医師が聞いてくれないことも、症状も願文にも書けて、これらが解消したと言うイメージできるから大いに期待をした。 』

    浦 部       「それで、一発で治ったのか?」


    つづく・・・・・
                    みんなの仲眞



[ 親 4220 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 4221 ] / ▼[ 4224 ]
■4223 / 2階層)  ダイアログ再開 状況説明 (3)
□投稿者/ 仲眞良孝 一般人(8回)-(2018/07/29(Sun) 18:44:19)
http://////////////////


    名 嘉  『エネルギーだけではなく、対便秘薬と同時に対下痢薬の併せて服用するから、お腹がゴチャゴチャになっていたのだろうなー。  それで、ETPの奥の手を想いだした。 エネルギー【アラジン】 !! これは優れものだ !! 医師が聞いてくれないことも、症状も願文にも書けて、これらが解消したと言うイメージできるから大いに期待をした。 』

    浦 部       「それで、一発で治ったのか?」

    名 嘉  『エネルギーは魔法だとは思っていない。 一発では治らないよ。  それよりも、変な展開になってきてね。  いつも行っていたクリニックの院長に治療を断られた格好になってしまったのだ。     院長がいうには、≪名嘉さん、うちではなく箕〇市立病院へ行かれたらどうですか?  紹介状を書いてあげますよ≫。

    浦 部       「大きい病院だろう。 よかったではないか !! 」

    名 嘉  『所で、箕〇市立病院は既に行っていて、全然良くならなかった。 そこでネットでIBS(過敏性腸炎症候群の)の専門家で名医と言われている医師が近くに居ないかを調べていたら、東京方面ではチラホラとおられる様だが、箕面でなくても構わない、 大阪府でも、関西にでもいないかと調べていたら、関〇医科大学付属病院におられた。  その大学の地域と私が通院しているクリニックが離れすぎているから紹介状は書いてもらえないと思い込んでいたが、その名医のデーターをメモって財布に入れていた。   紹介状を書いてあげるから「どこか他で診てもらえ」ということだったので、それで勇気をだして、クリニックの医師に事情を説明して、その大学病院の名医宛に紹介状をお願いしたら、快諾してくれた。 』

    浦 部       「そのクリニックの先生はお前を厄介払いできてホッとしたかも知れないな !! 」

    名 嘉  『どの様な気持ちで、外で受診を勧められたかは知らないが、これはエネルギー【アラジン】のお陰だと思っている。 俺の “潜在意識” には俺とクリニックの人間関係がインプットされ、 “膨大な意識” には医師同士の人間関係や医療システムがインプットされており、エネルギー【アラジン】で名嘉とその分野の名医とつないでくださいと祈願すれば、今回の様につながったと思う。』

    浦 部       「そのアラヂンとは何やねん ? 」

    名 嘉       「エネルギー製品はそれぞれ役割があって、エネルギーのネーミングがその機能を連想させてくれるが、アラジンは “万能” だ。  ただ、 “その都度、何々がどうなって、その結果関連することがどうなるか” を設定しなければならない。

    浦 部       「へー〜・・・・そんな便利な製品があるのか? 誰にも願望を知られずにエネルギーを働かせるのか?」

    名 嘉      『浦部だったら、良からぬ願望の成就に使うだろうな・・・・・』

    浦 部      「使用目的制限があるのかよ?」

    名 嘉      『 制限は無い !! 制限は無いが悪用すれば、結果的に回り回って良いことは無い。  理屈は省略するが、経験的にそう思う。 世の為、他人の為、友の為、自分の為になることであれば、エネルギーは良く働く。   
     俺はエネルギー【アラジン】が封入された水晶玉に ≪ 名嘉がIBS専門の名医に診てもらって、治った !! 。有り難うございます。≫ と書いたシールを貼りつけて、願掛けをした。  どういう経緯やどういうルートでなるかは、全く予想は付かないが、この場合、対象者は俺だから、俺なりの状況とネタをスーパーコンピューターで計算したような、一番適した設定がされたのだろう。』

    浦 部      「紹介状を書いてくれれば、診察してくれるやろう」

    名 嘉      『紹介状を添え申し込んでから診察迄が約3カ月、検査入院を勧められ入院するまでも約3カ月待たされたが、検査結果には納得した。 

    浦 部      「その大学病院で治療を受けるまでは何処で治療してもらっていたんだ? 」

    名 嘉      『 聞いて楽しい話ではないので詳しくは話さないが、後々に分かったのだが、最初は “便秘” になり、それが大変な不快感が伴うので下剤を飲み、その後は下剤の結果 “お腹が緩んで” 困ったのだ。   いろんなクリニックを回っている内に、過敏性腸炎症候群を言う病名は覚えたが、どこ行っても同じでニタリヨッタリの対応で、「外出」は辛かった。』

    浦 部      「名医と普通の医師はどこが違うの?」

    名 嘉      『 専門的には、どう違うのか俺には分かないが、兎に角、症状について根折羽織良く聞いてくれる。  質問形式で問診票にビッシリ書かされ、それについて詳しく突っ込んできます。  触診もよくします。  触診は一種のパフォーマンスと思っていたが、色々と確認しているのだろうな?  初めての診察時にお腹を触診され、 ≪ 以前S字結腸の手術をされましたがそれは何時ごろですか? ≫ と聞かれた。  』

    浦 部      「確か、2週間ほど入院していたな?」

    名 嘉      『 入院中、いろんな検査をしてもらった。 私はお礼に、その医大の学生達の問診の稽古台にもなったり、進んで教室が集積していた閾値(大まかに言えば-----諸々の苦痛に耐える範囲-----)実験データーのモニターになった。 

    浦 部      「相変わらず名嘉らしいこうどうするなぁー・・・・」

    名 嘉      『2週間の検査だから、色々した。  それまで誰も尋ねなかった10年ほど前に行ったS字結腸の癌摘出手術が問題だと判明した。   直腸の一部をカットして縫い合わせたので、そこの大腸が細くなって通りが悪かった。        
    そういえば当時手術後に、オペをした一人の医師が私に〘 名嘉さんのお腹の脂肪がぶ厚かったのでエライ目に遭ったよ。 もっとお腹をヘッコませないといけません !!  〙と言っていたのを思い出した。 

    浦 部      「手術は内視鏡だったのか?」

    名 嘉      『そうだ。 手術して7〜8年はどうもなかった。 だから、内視鏡手術が失敗だったということではない。  しかし、今回の検査でバリュウムを飲まされ、一時間おきにレントゲンを撮ったら、確かにそこで流れが滞っていた。  だから、俺は便が流れやすい様に柔らかく保たねばならないのだ。  まーぁ、詰まってはいないが狭まっていていることは確かだろう。   それに加えて、ストレスや加齢などで自律神経失調もあって、 過敏性腸炎症候群になっているということだ。』

    浦 部      「原因は分かったが、治療は進んでいるのか」

    名 嘉      『薬はいろいろある様だが、俺に合うのもあれば全く合わないのもあるので、月一回診察を受けて、絞り込んでいる最中だ。  エネルギー【アラジン】のお陰で、専門の名医に診てもらって、考えられる検査を全てしてもらったので、後は自分に合う薬を捜すだけや。 』


    つづく・・・・・

                 みんなの仲眞





[ 親 4220 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 4223 ] / 返信無し
■4224 / 3階層)  ダイアログ再開 状況説明 (4)
□投稿者/ 仲眞良孝 一般人(9回)-(2018/08/04(Sat) 11:55:41)
http://////////////////////
    2018/08/05(Sun) 11:56:29 編集(管理者)




    名 嘉      『薬はいろいろある様だが、俺に合うのもあれば全く合わないのもあるので、月一回診察を受けて、絞り込んでいる最中だ。  エネルギー【アラジン】のお陰で、専門の名医に診てもらって、考えられる検査を全てしてもらったので、後は自分に合う薬を捜すだけや。 』
     
    浦 部      「まぁー、時間がかかったが一応は前進しているんやな。」


    名 嘉      『 ソロソロ抜け出せそうやけどエライ目にあった』

    浦 部      「診察や入院を待つだけで半年、それから様子を観ながら薬選びやから、かなわんわ !!    俺自身の(近所のクリニック)通院は2週間に一回だったが、それより、お袋や家内を車で連れて行くのが辛かった。  運転自体は大したことは無いが、自分だけの運転と違って誰かを運ぶとストレスで腹具合が緩んだり詰まったりして、落ち着かなかった。  二人を別々に介護するのやから、俺の時間は細切れで、何もできない。  ETPの会員さんには出荷をするので精いっぱいで、対応が不十分だったと思う。  多分、会員さん達は不満に思っているのだろうと思う。  いろいろ浦部に愚痴を言ったが、要は悪戦苦闘していて、飲み会には行きたいが代わりの者を見つけなければ家を空けられない。 
    関西医科大にかかってから俺自身の調子は徐々に良くなったので、ピンチヒッターさえを頼めば飛び込みで参加できるかも知れない。

    浦 部      「便秘は我慢できても下痢は難儀やからな !! 」

    名 嘉      『俺の場合は便秘と言っていいのかは分からないが、 “渋り腹” っていうヤツ、便意を感じるが排泄できないのは大変な不快だった。 この渋り腹になると直ぐ下剤を服用してしまうのや。  便秘として3日も4日も溜め込む人がいるらしいが俺は毎朝一回 “便り” が無いと我慢が出来ない。    後になって大学病院で検査して分かったのだが俺は普通の便秘ではなかったのだ。 それを便秘として下剤を処方されたから、ちょっとしたストレスで強烈な下痢で苦しむ。』

    『萱野原氏はうすうす感じていたので、2〜3週間に一回、対便秘のエネではなく、名嘉に必要なエネルギーでトリートメントとして設定してくれたが、日々服用した下剤に混乱させられていたということだ。   薬にしてもエネルギーにしても、やはり原因を正しく掌握しなければ治りにくいよ。  エネルギーを活用するにしても、チャンとした診察をしてくれる医師に診てもらった上でプラスETPでないと意味がない !! 』

    私は医師以外に、「エネ若丸」氏の鍼灸や菅野原氏のトリートメント以外に、ETP 製品を摂取していたんで、それぞれがバラバラに作用し相乗効果もあった可能性もあれば、場合によっては適さない薬の副作用を相殺していたかも知れません。  もう原因が分かったので、大学病院の指導の下にエネルギーや鍼灸でサポートして系統だって働かせますので完治を期待しています。   話が混乱するから鍼灸に関して言及しなかったのですが、治療や健康管理に大変有効です。  私には、 “若返り” に効果がありますので、要望があれば、また言及します。


    浦 部      「で・・・・・、今はもう治ったのか?」

    名 嘉      『完全には治っていない !! 治りつつあるということだ !! 、薬を合わせながら・・・・・ここ1ヶ月間はバッチリうまく行っているが油断してはならない・・・・・』・

    浦 部      「それなら・・・・・空手部の同期会には参加してくれるのか?」

    名 嘉      『俺だけの問題だけではないので約束は出来んが、(二人の晩飯の)出前でも頼んで抜け出すよ !! 』

    浦 部      「名嘉は相変わらず慎重だなぁー・・・・」
     
    名 嘉      『もう少ししたらドクターが来るので、スカイプを切るわ !! ・・・・・・では、出来たら金曜日に会おう 』

    浦 部      「アレッ !! 自分はお袋さんを色々なクリニックへ連れて行くので大変やと言っていたのに・・・・・来てくれる? 」

    名 嘉      『今まではそうだった !!   しかし、俺が検査入院した頃から、色々な情報が入って来て運よく在宅医療を受けられるようになって助かっている !!   歯医者もお願いしたら来てくれるのや。   それから、リハビリもお風呂も専門の先生やヘルパーさんが来てくれるのや。    そやけど、家内は今でも市立病院から、歯医者や皮膚科や眼科など結構アッシさせられている。  まぁー、何とかなるものや・・・・・・・・・・・それじゃ、、、また・・・・』

    浦 部      「 では・・・・・・  」





    ・ つづく・・・・・

    ・             みんなの仲眞



    >
    >
[ 親 4220 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -